いわき情報

もうくぐりましたか? 「茅の輪くぐり」 そして最近耳にする「夏詣」で風鈴が揺れていました。

 

皆さんこんにちは!

最近「夏詣」(なつもうで)なる言葉を聞きませんか?

今、全国に広がりつつある、日本の夏の新しい習慣なんですね!

夏 詣

 

-新しい日本の習慣より引用ー

 

ほんと今年あたりから耳にする言葉ですね!

私も神社を参拝すると「夏詣」のノボリを目にします。

これから毎年「夏」の風物詩になっていくのでしょうか(笑)

 

戦争の時に寺社などは敵からの「攻撃」を免れたと聞いたことがあります。

そのせいか寺社には「大木」が多いですね。

その大木が厳しい日差しを遮ってくれますので、寺社などは涼しい空間だったりします。

ただ時々「蚊」が沢山いたりしますから「虫よけスプレー」は必要かもしれません!

 

先日、好間の神社に向かうと「輪くぐり」なるものがありました。

いわき市好間町「愛宕神社」(茅の輪くぐり)

 

 

茅の輪くぐり

 

正直、今まで無関心だったのか「輪くぐり」なる言葉も最近知りました。

いわき市でも何社か「輪くぐり」をされている所は、あるようですね!

 

アーテステックな神社ですね!

なんて言ったら怒られちゃうかもしれませんが・・・実際にデザインが斬新です。

 

お参りに来た人が、色々な意味で心を癒されればそれでいいのかと、私は思います。

人々の感性っていうのは個人個人、違いますからね(笑)

 

 

※ 注意  茅の輪は7月25日に撤収されました。

 

 

アーテステックって言えば、オリンピックのオープニングセレモニーで飛んでた「ドローン」が凄かったですね!

日本の技術もあの程度はできるんだと!?と思いました。

 

 

 

いわき市湯本町「温泉神社」夏詣

 

 

最近ではライトアップもされて、特に紅葉の時期にはたくさんの方たちがお参りにやってきますね。

夏は「夏詣」ということで、きれいな飾り物がたくさん、吊るしてありますね。

そして夏と言えば「風鈴」

静かな木陰で森の陰から♪(笑)

風鈴の心癒される音色を聞くと、静かに時が流れていきますね!

休日には寺社に出かけてみませんか?

コロナの時代ならではの、くつろげる場所になていますよ(笑)

都心では新型コロナウィルス感染者が勢いをつけてきています。

地方には感染者拡大の症候が少しずつ見え始めていますね・・・

真夏でこの勢いだと、真冬はどうなってしまうのでしょうか?

予防接種を打つか打たないかは個人の自由ですが、せめて打ったからには感染したくないですね(笑)

 



 

湯本温泉神社

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。