いわき情報

いわき市高蔵寺 シャガ!そしてこれからのお墓事情が変わっていく!

 

皆さんこんにちは、いつもこのブログを読んでいただきありがとうございます。

先日の煮付けを食べた帰りに、高倉町にある「高蔵寺」に寄ってきました。「高蔵寺」と言えば三重塔とシャガが有名ですね!今回が三度目の訪問だったような・・・

高蔵寺 三重塔

 

現存の高蔵寺三重塔は安永3年(1774年)、当山17世住職承隆和尚により再建され、県の重要文化財に指定されています。

また当地方の建築文化の象徴として建築を目指す学生たちの、良き研究材料としても親しまれております。

画像をクリックすると大きくなります。

参道を歩いて5分~10分で三重塔まで行けますのでちょっと散歩がてらに、行ってみるのも楽しいですね。

〇〇高校へ入学とかが多かった絵馬!ここは学問の祈願が多くありましたねご利益があるんでしょう。

シャガ、4月下旬から5月にかけて見頃になります。

さすがに2月では咲いていませんでしたので、画像を借りてきました!面白い模様をしてますね、今年は暖かいので4月半ばには咲きそうですので、その頃にまた出かけてみようかな。

最近のお寺事情はこのような形になっているんですね。最近造成された墓地・霊園を拝見させていただきました。

最近は東北大震災以降 台風・地震が多いせいで縦型の墓石を建てる方は少なくなっていますね~

さらに墓石に彫られる文字が斬新ですね。

そしてさらに造成中のお墓がこちら・・・

大きな塔の墓石に数十名の方たちの遺骨が納められてます。これからはこのような形態が主流になってくると思います。昨今、檀家さんの数も少なくなってきてお寺さんも色々と考えているんでしょうね!

市でも合同の埋葬を提案して実施しているようです。

また大手の葬儀屋さんが「直葬」に乗りだしました。病院で亡くなられて安置所から火葬場へ行き火葬されるという。

今までにない葬儀の方法を始めたようです。今までの冠婚葬祭はちょっと賑やかに行われてましたが、これからは出費の問題も絡んでひっそりと行われる時代になってきたということなんでしょうね。

代々に引き継がれてきた墓地は継続され、新しく供えられるされる墓地は簡素化されていきますけど、本当の供養というものは前にも述べたように、亡くなった方のお話をすることが一番の供養だと思ってます。

これからは形にとらわれず自分の意志で終末を迎えられる方が多くなっていくでしょう。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。