いわき情報

人生は、あなたが思った通りに進むもの! 人に歴史あり「いわき芸能俱楽部」のんぴー誕生の秘話!

 

皆さんこんにちは!

 

人に歴史ありと言いますが・・・

私もいわき芸能俱楽部に所属して、約15年ほどになります。

以前にも似たような記事を書かせていただきましたが、今回もお付き合いくださいね!

 

あなたの人生!思った通りに叶っていますか?

こうなりたいと思えば思うほど、人生は「引き寄せ」の法則で引っ張られているような気がしますね!

第一部 「出会い」

 

思えば私が44~5歳の時に、地元の月刊「りぃーど」という雑誌に、今回のように、「まじっくけーぞ」さんが、取材されて載っていました。(写真は見本です)

 

パントマイム・バルーンアート・ジャグリングと多彩な芸を披露して、周りを楽しませている・・・

 

「へ~いわき市でこんな人いるんだ!」

そして当時の記事を書いていたのが、その後いわき芸能俱楽部の新人発掘オーディションで優勝した「アーリオ・オーリオ」の大平さん!

これまた不思議なつながりでしょう(笑)

 

当時、私はパントマイムが好きで、地元「かもめ劇団」の森 絵留 先生に(もり える)何回か指導を受けていました。

習えば習うほど、何かしたい気持ちが大きくなりますが、当時は、今ほどネット環境も普及していなくて、実質「いわき芸能俱楽部」をその時点で知るほどで、何をしようも何からどうしていいのかわかりませんでした。

 

「いわき芸能俱楽部」で、さらにパントマイムを習おうと思って、つかさず電話すると・・・

「いわき芸能俱楽部」では芸を教えているんじゃなく、芸を披露するところなんだよね~と言われました。

 

後日、まじっくけーぞさんから電話をいただき「ガスト」で直接会って話をし、そこでお互いにパントマイムを見せ合って(笑)(この辺が普通じゃない・・・)

 

さらに後日、平の「一部屋」をレンタルしていただいて「パントマイム」をレッスンしてもらいました。

 

その時に、今度青年会の飲み会でパフォーマンスするから見に来ない?と言われて行くと・・・

 

その当時テレビで見たことのある「敬称略」「けん玉8」とか、今ではいわき芸能俱楽部の重鎮「常磐亭ハワイ」「火の車太郎」などが勢ぞろい!

 

 

会場は大爆笑!大拍手!の嵐!

 

これだよな!

 

心の中で、これをやって行こうと思った瞬間でした!

 

 

まじっくけーぞ(大道芸)さんの記事

 

つい先日、掲載された「いわき民報」の一部です!

 

記事を読めましたか?

そう!「まじっくけーぞ」さんが、平の「松ヶ岡公園」で会社の花見をしていたら、隣で「いわき芸能俱楽部」の花見寄席があり、そこでスカウトされたという「ドラマチック」ですね!

パントマイム・マジック・バルーンアートそして最近では「落語」なども少しずつ取り入れたりと、マルチな方です。

さらに外国に数年転勤されてきて、英語がペラペラと多才ですね!(うらやましい!)

 

第二部 「実現」

 

それから私は「YOU TUBE」などで、色々なパフォーマンス見て学び、色々と練習しましたね(笑)

まじっくけーぞさんが貸してくれた「山本光洋」さんのビデオは、パントマイム・コミカルな部分もリアルな所も凄くて、直接「日立国際大道芸」を見に行ったほどでした。

 

山本光洋

1989年よりパントマイマーとして本格的に活動を開始、「KOYO MIME LIVE」を主宰する。その後、各地の大道芸フェスティバルやイベントなどで活躍し、1997年、イギリス・エディンバラ国際演劇祭で2週間のフリンジ公演を敢行、地元のマスコミより4星評価を獲得した。

 

 

初めて見るプロの大道芸に圧倒されました。あまり感動が大きすぎると、自信喪失に陥るので、その辺を調整しながら見ていました(笑)

 

私自身、案外無計画で出発するほうなので、「出たとこ勝負!」が功を奏したのかもしれませんね(笑)

その後、色々な所でパフォーマンスさせていただく機会が増えて、いつかは「大道芸」っていうものを「投げ銭式」でやってみようと、各方面でやらせていただきました。

 

 

そしていわき芸能俱楽部が主催する「いわき芸能フェスティバル」で、山本光洋さんをゲストとして招き、色々とお話をさせていただいたり、直々にパントマイムをレクチャーしていただいたりしました。

 

 

 

自分が「まじっくけーぞさん」の記事を見てから、10年後にこのようになるとは・・・

「頑張る」なんて、かしこまったことでなく、「自分なりに楽しむ!」事が、人生でも大事なのかもしれませんね!

 

そして、もしあの時・・・

 

まじっくけーぞさんが、公園でパフォーマンスしていなかったら・・・

大平さんが記事にしなかったら・・・

まじっくけーぞさんに誘われなかったら・・・

 

もしあの時って、皆さんも思った事があると思います。

 

 

「もしあの時!!」っていうのは、自分が継続してきたから思う言葉であって、途中で諦めたら思わなかった言葉になるんでしょう・・・

 

 

人生はどこでどう変わるか分かりませんが、「自分がこうしたい」と思う気持ちが強ければ、ひとつひとつの決断が、間違いなく思った方向へ導かれていくものなんでしょうね!

 

要は自分の可能性を信じて、一歩一歩謙虚に進んでいくことが、「目標達成」の近道になるのかもしれません。

 

今はこのような「コロナの時代」ですから、私自身年内のパフォーマンスは自粛していますが、9月に予定している「いわき芸能フェスティバル」なども、今後どうなるのか分かりませんが、可能ならば告知していこうと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 



 

いわき芸能俱楽部フェイスブック

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。