いわき情報

いわき市 おすすめスポット「日帰り入浴・日帰り温泉」みゆきの湯・吉野谷鉱泉!

 

皆さんこんにちは!

 

この年末に「変異ウイルス」が国内でも発見されました。

「変異ウイルス」というのは、人体でウイルスがコピーされるときに誤った情報でコピーされたウイルスのようです。

「通常のウイルス」より感染力が強いとされてます。

・・・ということは年末年始に一気に「変異ウイルス」がコピーされてしまいますね・・・

皆さん気をつけてください!

いわき市湯本 「みゆきの湯」

 

2007年に、湯本駅前に新しく作られた共同浴場です。

常磐炭鉱の石炭と煉瓦工場をイメージしたデザインの建物で、地元から切り出した杉材を使用しています。

駅前の公衆浴場なので、列車を待つお客さんにも人気の入浴施設です。

 

 

【入浴料】 12歳以上     300円

6歳以上12歳未満 150円

6歳未満      無料

※ 常磐湯本町にお住まいの方は「常磐支所経済土木課」で割安回数券を販売しているそうです。

【営業時間】 10:00~22:00(最終受付21:00)

 

【休業日】  毎月第三木曜日(休日の場合はその翌日)

 

【泉質分類】 含硫黄・ナトリウム・塩化物・硫酸塩温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

【効能分類】 運動麻痺・打ち身・糖尿病・消化器病・神経痛・捻挫・高血圧・切り傷・筋肉痛・関節痛・皮膚病・痔・五十肩・婦人病・動脈硬化・

 

「みゆきの湯」の詳細は こちら

 

いわき市中央台 吉野谷鉱泉

 

三百年の伝統 勿驚世界之名湯

 

これを見ただけで格式ある伝統の名湯だとわかりますね(笑)

 

 

近代的で閑静な住宅街から、坂道を降りていくとそこには、「カオス」と「シュール」を合わせたような光景がありました。

駐車場へ着いて、車が一台止まっていたのですが、営業している気配を感じなかったので直接電話してみました。

「大丈夫ですよ!ちゃんと営業してますよ! うちは年間を通して休んでいませんから・・・」

「よかった!」

 

中へ案内されると「昭和初期にタイムスリップ」したような感じで・・・

これはこれで「いい味」が出てるなぁ~

このご時世「オリジナリティ」が必要ですからね!(笑)

右側が「長寿之湯」で左側が「養老之湯」です・・・

 

「長寿之湯」と「養老之湯」 二か所あるようですが、右側の「長寿之湯」を案内されました。

・・・とは言え養老之湯とはガラス戸一枚で仕切られています。

中まで案内されて・・・

おじさんに、お湯がぬるかったら「これ鳴らしてね!」とベルを指さしてました!(^^♪

風鈴みたいな形のベルですよ(笑)

そうすると後ろにいる「釜焚き」が薪を足すからね・・・(マジか?)

 

本格的に昭和モード全開です!(素晴らしい!)

さすが300年の伝統!

手前にあるタルに入っている水は、お湯がいきなり熱かった場合に、蛇口からの水では間に合わないのでバケツで足すという・・・ことです!

「渋水鉱泉水」「白水鉱泉水」この違いは確認するの忘れました(^^♪

のんびりと「貸し切り」で入るお風呂は気持ちいいですね(笑)

制限時間は一時間!

特に女湯・男湯に分かれたいる訳ではないようですね

夫婦で来られた方は「混浴」になるとか!?入浴時間は、やはり一時間になるそうです。次の方は、その間待っているということです。(マジか?)

 

帰りに館内をゆっくりと戻ってくるときに、ガラス越しですが遠くの部屋に本棚に、本がぎっしりと並んでいました。

 

大体そのような方は「学識がある方」だなぁと思いました。

 

やはり一説によるとこちらのご主人は「作家」とネットには書き込みされていましたが・・・実際はわかりかねます。

約一時間 別世界にいる体験を味わせていただきました。

やはり普通の温泉に入ったのとは「違う感覚」を感じました。

お客さんの中には、長期滞在者の方などもいるようですね!

 

吉野谷鉱泉の詳細は こちら

【鉱泉水】

湧き水のうち、「溶存鉱物質等」ミネラル成分や炭酸ガスが溶け込んでおり、かつ水温が25℃未満の地下水。

 

 

 

時代が進んでも・・・進まなくてもいいものがある!

 

もちろん好き嫌いはあると思うが、何の世界も需要があれば繁栄し、なければ衰退していくものである。

 

私のブログも幸い、日々「アクセス」が多くなってきています。

 

グーグルの「アップデート」が12月の初めにされたようです。

皆さんには何のことかさっぱりわからないと思いますが、我々ブロガーには「気になる」ことなんですよ(笑)

グーグル検索で上位表示されるか、藻屑の彼方へ送られるかの一大事なんです!(大げさです)

まあどうでもいいことなんですが・・・

 

今年は「日本」「アメリカ」「フランス」「イタリア」「イギリス」「中国」と色々各国からのアクセスがありました。

 

最近では「アメリカ」からのアクセスが毎日のようにあり、ありがたいことですね!

見てますか~?アメリカの人!「新型コロナウィルス」気をつけてくださ~い。

ちゃんと「いじって」ますからね(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。