トレンディ

アインシュタインの言葉が気になります!第三次世界大戦が勃発か?

第三次世界大戦が勃発か?

日本では正月休みが終わりに近づいていますね。皆さん里帰りから我が家へ移動中だったり、帰宅してゆっくりとお過ごしのことでしょう。そのさなか飛び込んできたビックニュース!

イラクの首都バクダットで、アメリカ軍が革命防衛隊の司令官を殺害したことが明らかになりました。イラン国民からも支持率が高い実力者を殺害したことで、両国が衝突しそれがきっかけで第三次世界大戦が勃発してしまうのではないかとネットでは大騒ぎになってます。複数の死者が出たこともあり、今回の衝突で「第三次世界大戦がはじまる可能性はあるんですか?」「このまま収束するんですか?」と日本のネット界隈では様々な議論が交わされています。

世界中で緊張が高まっている中。、相対性理論で有名なアインシュタインが次のような予言をしたという記事が話題になってます。

アインシュタインが第四次世界大戦を予言

何かと発明・発想したことが現実になったりと話題のアインシュタイン!

昨今相対性理論が評価されてきてたり「地球上のミツバチがいなくなるころ同じく地球は滅びる」とか「来るべき世界政府の盟主は日本が担うことになるであろう」とか・・・

「第三次世界大戦がどのように行われるか私にはわからない。ただ第四次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器は石とこん棒だろう」

あたかも核戦争が起きることを察して発言した言葉だと思いませんか?

今回のイランの司令官がピンポイントで殺害された訳ですが、今の攻撃技術というのは顔認証システムによって個人を攻撃できるんでしょうか?そして紛争が拡大すれば第三次世界大戦にもなり兼ねない状況です。そうなれば「核」対「核」という愚かな結末を迎えることになるでしょう。ただでさえ地球温暖化という危機を背負っているのに、さらに追い打ちをかける状況を打破できるんでしょうか?イランアメリカ攻撃も時間の問題だと思います。今後の情勢が気になりますね。

話題の氷川きよしさんは「ゲイ」「ホモ」「オカマ」「オネエ」?

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。