トレンディ

これからの就職氷河期に就職活動・再就職!そして流通はどう変わるのか?

 

こんにちは!

日本全体で自粛モードが緩んできてますが、新型コロナウイルスの勢いが、ここにきて右肩上がりに増えつつあります。

さて今後の日本経済はどうなっていくんでしょう?

 

あるデータでは今後3割近くの会社が倒産すると言われてます。そんな経済の中で、皆さんはどう暮らしていきますか。

 

 

もし自分の会社だったりしたら、その後の人生はどうなっていくんでしょうか?

 

今回は「商売」はどう変わってきたのか記してみました。

 

 小売りの時代

 

【特徴】

  1. コミュニケーション
  2. 地域のつながり

 

昔は、「米」「野菜」「魚」等を物々交換して始まったと聞いています。

 



その後、農家の方などが育て上げた「米」「野菜」などを仕入して「八百屋」などができあがっていきます。海産物などは「魚屋」として・・・

 

時代は小売り中心で、買い物に行ったお客さんは店主から「今日はキャベツが新鮮だよ」とか「さんまが安いよ」「誰々さんちで赤ちゃんが生まれたんだよね」と情報があり温かいコミュニケーションが多い時代でした。

駅近くには商店街があって専門店が並んでいて、今でも東京の下町などでは見られる光景ですね。

 

 デパート

 

【特徴】

  1.  一度で多くの買い物ができる
  2.  メーカーなどの商品が売っている
  3.  駅の近くにある

 

 



都市には1900年初頭からデパートが進出してきます。お客さんにすれば、何件もお店をまわるよりも一軒で済むということで、デパートにお客さんが殺到します。

やがて地方にもデパートの進出がはじまり、当時7階建てなどが多く、地下・一階は駐車場とか食品売り場になってました。各階にはアシスタントがいて、エレベーターガールがいたデパートもありました。

 

小売りの店主たちはもちろん今まで来ていたお客さんがいなくなってしまうと、デパートの進出には反対しますが時代の波は、デパート側へ少しずつ変わっていきます。

かと言って小売りが無くなるわけではなく、売り上げが減少していくという結果になってしまいます。

 

 スーパー

 

【特徴】

  1.  安い
  2.  新鮮
  3.  近くにある

 

やがて、大量仕入れ販売チェーン・中間流通カットなどして、あのダイエーがスーパーマーケットを展開していき、時代はスーパーマーケットの時代になっていきます。

多くの品物を激安で販売する手法に、デパート・小売りは太刀打ちできず徐々に活力を失っていきます。

 

 

仕入れ販売しているお店はスーパーの価格には勝てません!やがて専門店などはオリジナル商品があるので生き残っていきますが、小売店はそれでも需要は少なくなっていきます。

 

 コンビニエンスストア

 

【特徴】

  1.  お手軽
  2.  売れ筋商品がある
  3.  色々な支払いができる

昨今この形態は飽和状態に達していて、部分的には新店がオープンかと思えば一方では、閉店していくという状態になっている。同じ道路沿いに有名なコンビニが3件連なってたりと激熱なところもありますね。

コンビニエンスストアの良いところは、店舗の中には決められた品数しか置けないので、今人気の商品を配置!

さらには、お客の性別・年齢・時間などがポスシステムによって管理されていて情報社会の先駆けにもなっている。

商品の値段は定価となっているが、現代の若者はちょっと食事をすませるのにサッと行ってサッと買える環境が合っているらしい。

売り上げも弁当・副食・パン・飲み物が主流となっている。

 

 通 販

 

ネット社会が少しずつ確立されてきて、人々はやがて通販に流れていきます。携帯・パソコン買い物ができるとなれば、これは便利!

 

【特徴】

  1. 「小売り」の頃のコミュニケーションはないが、口コミ評価で商品の良さは伝わります。
  2. 「デパート」のように多くの品物が揃ってます。
  3. 「スーパー」にように激安な商品もあります。
  4.  コンビニのように売れ筋商品がある。
  5.  IT時代到来。

 

そのころ「宅急便」なども同じく急成長しました。ネットだけではなくテレビでも「ジャパネット」とか「日本直販」など通販が、時代の先駆けとして拍車をかけていきます。

今では世界的にも有名な「AMAZON」などが主流ですね。

 

 大型ショッピングセンター(モール)

 

さらにその後、大型ショッピングセンター(商業施設)が、たちまち建設されて、デパートとスーパーが混合した形になってます。郊外の広い土地に駐車場を完備して、最近は休日でも満車になるほど賑わっています。

 



【特徴】

  1. 大きな駐車場を完備。
  2. 小売り・スーパー・デパート・コンビニ・通販の利点を網羅。
  3. 大企業も参入。

 

 

時代とともに販売経路が変わっていく。当たり前のように・・・そして最近はコロナウィルスで状況がさらに悪くなり、テレワークなどのように勤務形態も変わってきて、さらに就職も困難な時代になりかねませんね。

コロナ禍がいつ収束するのかわかりませんが、収束と同時に多くの外国人が日本に押し寄せてくるでしょう。

ある企業は人手が足りなくて、国籍関係なく募集しているほど働き手がいない日本。

基本外国人は持ち家を持たない主義が多いと聞いています。そうなれば貸家・貸アパート・コーポなどの需要が増えます。

そんな時「宅建」などの資格を持っていれば、この先の仕事が順調に進んでいくというように、今後起きるであろう事柄に注目して職を見つけていくのも大事かもしれません。

 

 

できる限りアンテナを張って多くの情報を集めて自分のスキルに合った、職業を探さなきゃいけません。

 

そしてこれからの時代は、貧困と裕福の差がはっきりと分かれてきます。

 

核家族・高齢化社会さらには外国人労働者・移住者が増えつつあるこの時代に合わせたシステム・商品・販売経路・サービスなどが繁栄していくでしょう。

 

昨今ではコロナ禍で「テイクアウト」「デリバリーサービス」が流行ったりしてますね。

 

以前から人気なパルシステム! 食材を選び、それを自宅まで運んでもらうというサービス!

このようなサービスが増えてきてます。

手軽さ・簡単・そして新鮮!



高齢化社会・核家族と時代はどんどん変化していきます。

日本はアメリカの15年遅れとか言われてた時代がありますが、これからの時代 グローバルに物事を考えていかなきゃ、負け組になってしまいますよ。

 

一歩先を考える!

 

それが仕事を「うまく見つける」コツかもしれませんね(笑)

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。